記録することの大切さ

医療分野で求められている看護師像は、常に学ぶ姿勢を持った人物です。看護の仕事には高度な知識と技術が必要であり、次々と新しい知識を学び続けなければ業務をこなせません。そのため、看護学校で勉強して卒業し、国家資格を取得した後も常に学び続ける姿勢が必要となります。
看護師として働きはじめたころは、まず職場で多くのノウハウを学ぶ機会があります。忙しい業務に追われながら、数多くの新しい看護知識を身につけられるのです。しかし、看護の仕事へ慣れてくるにつれ、初心の頃の学ぶ姿勢を忘れてしまいがちになります。看護の分野では、ベテラン看護師でも常に新しい知識を学び続けているものです。そのようなベテラン看護師を見習い、常に知識を吸収してスキルを磨く姿勢が大切といえます。
学ぶ姿勢をもちつづけるためには、日々の勉強への取り組みがなにより重要です。仕事を続ける中で、新たに知る事になった知識があります。そのような知識は、意識してノートなどへ記録するのがおすすめです。ただ覚えているだけでは記憶があいまいで、正確さに欠けます。また、ノートなどに記録を取る行為が、記憶を増強するためにも有効です。いつでも記録したノートを見返せるようにすれば、得た看護のノウハウを忘れずに済みます。
看護師にとって、仕事を通じて得た情報を記録したノートは、大切な財産です。女性看護師が仕事を続けているうちに記録のノートも冊数が増え、自身の看護師としての成長を確認できるでしょう。〈おすすめ:学ぶ姿勢の大切さ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です